Twitterを見るだけでも価値あり!旬の情報を探す方法

Twitterは見るだけでも、今話題の情報が満載の楽しいSNSですよ。Twitterに興味があるけれども、アカウント開設を迷っている…。そんな方もいらっしゃるのでは?Twitterのアカウントを持ったら、必ずツイート投稿しなければならないわけではありません。

以下で特にTwitter初心者の方に向けて、Twitterのメリットなどを、わかりやすくご説明しました。

Twitterを見るだけで得られるメリット

Twitterは見るだけでも十分にたくさんの情報が得られ、楽しいモノです。一例として、次のようなことがあります。

リアルタイムで最新の情報が手に入る

たとえば検索窓に【コロナ】と入れます。すると、Twitter上の新型コロナウィルスに関連したあらゆる情報がほぼ速報性の高い順番で表示されます。たとえば今日の感染者数。テレビよりも情報が早いことも。

災害が起こったとき、離れた場所に住む親戚の地域の災害情報も知りたいですよね。そのようなこともキーワード検索で調べることができます。

自分のアカウントがあれば、情報発信ができますので、災害時の救助の要請ツイートも行えます。災害に遭遇したとき、119番や110番が使えなくても、救助を頼むことができますよ。

有名人や有名メディアの発信情報を知ることができる

有名人の名前を入れて、検索すると、話題になっていることや今の状況が世界的なレベルでわかります。

もちろん、名前だけが入ったつぶやきのこともありますが、日本人だとすると、全国レベルのため、ローカルテレビに映った情報なども知ることができます。有名人のファンの方にはぜひ知りたい情報ではないでしょうか。

スポーツ中継などのとき、みんなと一体感を味わえる

また、スポーツ中継やテレビ番組放送のときに、同時にTwitterを見ていると、同じ時間で丁度見ている人がつぶやいたツイートを見ることができます。

皆さんと共感したり、新たな情報を得たりできるので、テレビの新しい楽しみ方ができますよ。まるで、気のあうお友達とテレビ鑑賞をしているような気持ちになります。

Twitterを見るだけで、テレビ中継がいつもの倍楽しめるでしょう。

ドラマや舞台等のプロモーションがわかる

ドラマや舞台・各種イベントなどのエンタメ業界もTwitterを利用しているので、ワード検索をすると、SNSでしか見られない限定のプロモーション映像などが見られることも。

時には出演者や出演者の事務所がツイートしていることもありますので、Twitterでしか見られないレア情報に行き当たることもありますよ。

もちろん、ファンの方の面白い感想が見られるのも楽しいですよね。

アカウント開設した・しない時の使えるTwitter機能の違い

Twitterを見るだけなら、アカウント登録をしなくても閲覧することができます。Twitterのサイトをクリックしますと、アカウント登録やログインを要求されます。ですので、アカウントなしでTwitterを見るだけなら、下記から見ることができます。

https://mobile.twitter.com/explore

また、Twitterの【ツイログ】という機能に登録してあるアカウントのユーザーのツイートは、【ツイログ】を通して閲覧することも可能です。以下になります。

https://twilog.org/

ですが、Twitterはアカウント登録をしますと、次項のように色々と便利な利用方法があります。

DM(ダイレクトメール)機能

該当アカウントのホームのプロフィール欄にある、手紙型のマークをクリックすると、DMと呼ばれるメールを相手に出すことができます。

これは他の誰かに見られることのない、個人間のメールです。基本的には、自分のフォロワーでなければメールできません。

【もっと見る」欄にある「設定とプライバシー】から、【プライバシーとセキュリティ】をクリックします。

するとダイレクトメッセージに関する設定画面がありますので、そこで【すべてのユーザーからメッセージを受信する】にチェックを入れると、フォロワーでなくてもあなたにメールを出せるようになります。

Twitter上で、何かの営業&商売をしている人は、上記のように誰からもメールを受け取れる設定にしている人が多いです。

通知機能

DM表示の隣にある、ベルのマークが通知機能です。白い色がオフ状態、青い色がオン状態です。たとえば、どうしてもツイートを見逃したくないAさんがいるとします。Aさんのホームで通知機能をオンにすると、Aさんがツイートしたときに、あなたのTwitterのホームの通知欄にお知らせが来るようになります。

リスト機能

Twitterのリスト機能を使うと、自分が選んだアカウントをグループ分けして表示させることができます。最大5グループまで可能です。

たとえば、非常時用に【災害関連】と名付けたリストを作ると便利ですよ。リストには、自分が災害時にすぐ欲しい情報を出してくれそうなアカウントを入れておきます。

この場合は【内閣府防災】や【災害関連情報RT】、そして自分の居住する市役所のサイトなどを入れておくことをおすすめします。

フォローが多くなってきますと、自分のTwitterのラインに流れる情報も多くなり、必要なときに必要な情報をすぐに確認することが難しくなります。ですので、緊急性の高い情報を出すアカウントなどはリストにしておくと便利ですよ。

リストの作成は以下のようにします。

◆リストの作成方法◆

1.リストを作成をクリック

2.「新しいリストを作成」の名前をつける

3.「次へ」をクリック

4.ユーザーを検索するか、あるいは表示された名前をリストに追加していき、「完了」ボタンを押します。

Twitter分析のための無料ツール

Twitterには【アナリティクス】というツールが内蔵されています。【もっと見る】ボタンを押すと【アナリティクス】の表示が出ますので、そこからツールに跳ぶことができます。

【アナリティクス】とはあなたのTwitterに関する情報を分析するアプリです。

【アナリティクスを有効にする】ボタンを押してみましょう。すると、あなたのツイートにどのくらいの反応があったかなどがわかります。

たとえば、各ツイートへの【いいね】の数や、各ツイートがどのくらいの人に見られたかなどが、数値化されて明確に分かりますよ。

Twitter検索のコツ

特に、Twitter初心者の方にとって便利な検索方法をご紹介します。

and検索

【東京 災害】などとキーワードを2つ連ねて、検索する方法です。2つのキーワードに該当するツイートが表示されます。

Twitterで検索をするときに、一番皆さんが使っていると思われる検索方法です。

@検索

特定のアカウントのツイートを調べるために、使う検索方法です。ツイート内容を知りたい人のアカウント(@~)を入力します。

since(until)検索

たとえば、【コロナ since:2020-6-20】と検索窓に入れますと、2020年6月20日以降のコロナというワードが含まれたツイートを表示します。

sinceの代わりにuntilを入力しますと、2020年6月20日までのコロナに関する情報になります。

Twitterは見るだけでも有益なSNS

Twitterは見るだけで有益な情報がたくさん流れてきます。Twitterを見るだけの専門アカウントと、ツイートするためのアカウントを2つ以上持って使い分ける人もいます。

Twitterのアカウントを作るためには、その都度あなたのメールアドレスや電話番号を要求されます。

ですから、個人では、無数のアカウントを作成するわけにはいきませんが、複数のアカウントを持って管理するのも便利です。

Twitter初心者のあなた。まずは以下のツイートを見てみませんか?有益な情報がいっぱいありますよ。

@keiaigijyuku

@KeishoKaikura