情報収集の効果的な方法4選!必要な情報を効率よく集めよう

ビジネスにおいて欠かせない情報収集。ネットで簡単に情報が集められる現代、ビジネスシーンに限らず日常でも調べごとをする機会は多いですよね。

しかし情報量が多すぎて本当に知りたい情報を得るのに時間がかかってしまう…そんな経験ありませんか?そこで今回は必要な情報を効率よく集められる方法4選をご紹介いたします。

現代人に必要なのは、効率よく情報収集すること

インターネットやテレビにラジオ、多量に情報が溢れる現代。効率よく情報収集することは、ビジネスマンとして重要なスキルの1つになっています。

「情報収集力」と言われる言葉があるほど、最適な情報収集ができることは仕事の成果に繋がるといっても過言ではありません。

そもそも効率のよい情報収集というのは、本当に欲しい情報を無駄なく集めることです。

とはいえ実際調べようとネットを開いても、様々な情報が拡散されていたり、本当に知りたいことを知れなかったり。情報収集の段階で無駄な時間を費やしてしまった経験ありませんか?

効率のよい情報収集方法を知れば、通勤中や休憩中などのスキマ時間でも簡単に欲しい情報が手に入れられるのです。

では早速、情報収集力を付けたい方に試してほしい情報収集方法を見ていきましょう。

試してほしい情報収集方法4選

情報収集をするのに特別なスキルは必要ありません。なぜなら今は便利なツールやアプリが沢山存在するから。効率よく情報を集めるなら、使えるコンテンツをフルに使いましょう!

ここからは情報収集におすすめのツールをご紹介いたします。

1.Googleアラート

Googleアラートとは、登録したキーワードに対する最新情報を自動的に通知してくれるツールです。

Googleアカウントを所有していれば誰でも無料で利用でき、無駄がなくシンプルな機能で使い勝手も抜群です。

例えば「webマーケティング」というキーワードを登録すれば、該当するニュースをGmailまたはRSSフィードから受け取れます。通知時間や頻度は自分好みに設定可能です。

使い方の例としては、自社の社名や商品名を登録して口コミや評判を確認したり、競合社を登録して最新情報を入手したり、特定の情報を効率よく集めたいときに使えるツールになっています。

日頃からGoogleアカウントを使っている人であれば、とても使いやすい仕様です。調べたいキーワードが限定されている方にはとてもおすすめですよ。

2.Yahooニュースのフォロー機能

Yahooニュースのフォロー機能も、情報収集に使いやすいサービスです。

Googleアラートと似ているのですが、社名や人物名など特定のキーワードをフォロー(設定)することで、アプリ内から該当する記事をまとめて閲覧できる機能になっています。

キーワードは複数フォロー可能なため、いつでも欲しい情報に関する最新ニュースを効率よく知られるのがおすすめポイント。

競合社のリリース情報が知りたいとき、豪雨や地震などの自然災害に関する最新情報を把握したいときなどにも最適なアプリです。

Yahooニュースのフォロー機能はサービス開始からあまり目立って話題にはなっていませんが、実はとても使い勝手がいいツールなんですよ。

サイトデザインも見やすく無駄がないため、短時間で多くの情報得たい人にぜひ使ってもらいたい機能です。

3.NewsPicks

NewsPicksは政治、スポーツ、金融など幅広いジャンルの最新ニュースが見られるアプリです。

各新聞社やニュースサイトの最新記事に加えて、NewsPicks編集部が書いているバラエティに富んだ記事も。日本や海外の時事問題をいち早く知りたい人におすすめしたいアプリになっています。

GoogleアラートやYahooニュースのような通知機能はないものの、キーワード検索を使って特定の情報を得ることも可能です。

4.SNS(Twitter・Facebook・Instagram)

情報収集で使えるツールとして侮れないのが、TwitterやFacebookなどのSNSです。

SNSは、商品やサービスの口コミを調べたいときに最適なツールなんですよ。基本的には個人が発信しているので、リアルな口コミや評判を得ることができるんです。

他にもTwitterにはトレンドというものがあります。トレンドとはリアルタイムで多くツイートされているキーワードを、ランキング形式で表示する機能のこと。

今世間ではどんな内容が話題になっているのか、ネットを利用する人はどんなことに関心があるのかが、一目でわかります。

リアルタイムで注目度の高い情報を集めたいときにも、SNSの利用はおすすめです。

最適な情報収集法を知ってできるビジネスマンになろう

できるビジネスマンに求められるスキルの1つと言える、情報収集力。情報が溢れる現代、最適な情報集手法を知っているか知らないかでは、仕事の成果にも違いが出てくるはずです。