打たれ弱いことはどうやったら克服できるの?打たれ弱い人の特徴と克服方法

あなたは、自分が打たれ弱い性格だと感じたことはありますか。打たれ弱いとすぐに落ち込んでしまい、立ち直るのに時間がかかってしまいます。打たれ弱さを克服したいけど、どうやればいいかわからない人も多いと思います。

そこで今回は、打たれ弱い人の特徴とその克服方法について紹介していきます。

打たれ弱いとは

仕事でミスして上司に怒られた時に自分が打たれ弱いなと感じたり、周りの人に「打たれ弱いね」と言われたりすることはありませんか。そもそも、「打たれ弱い」とはどのような意味を持っているのでしょうか。

打たれ弱いというのは、仕事や日常生活で失敗をしてしまうと、すぐに心が折れてしまうことや、強い口調で指摘されたり怒られたりするとすぐに傷ついてしまうということを言います。簡単に言うとメンタルが弱いということです。

打たれ弱い性格だと、些細なことでも落ち込んでしまうので、新しい仕事や挑戦に対して消極的になってしまうのです。

当然、誰でも怒られた時やミスをした時には落ち込んでしまいます。しかし、いつまでも失敗を引きずって立ち直れないのであれば、あなたは打たれ弱い性格と言えるでしょう。

打たれ弱い人の特徴

「自分は打たれ弱いかわからない」という人もいると思います。打たれ弱い人には共通する特徴があります。「打たれ弱さを自覚すること」は打たれ弱い性格を克服する第一歩。まずは自分が本当に打たれ弱いのか、確認していきましょう。

以下の項目でいくつか自分に当てはまる特徴があれば、あなたは打たれ弱い性格と言えます。

怒られ慣れていない

打たれ弱い人には、怒られ慣れていない人が多いです。だから、強く注意されてしまうとへこんでしまいます。怒られると自分を否定されているように感じてしまい、強いストレスを受け、ネガティブな気持ちになってしまいます。

自分の評価が高い

自分の評価が高い人には、打たれ弱い人が多いです。自己評価が高い分、他人から注意を受けるとプライドが傷ついてしまい、立ち直るのに時間がかかります。今まで失敗したことがなく、うまくいっていた人が打たれ弱いということが良くあります。

慎重すぎる

打たれ弱い人は、失敗を恐れて行動に移すことができません。また、失敗やリスクを恐れるあまり無難な道を選んでしまいがちなので、千載一遇のチャンスを逃してしまうことがあります。

このように、打たれ弱い人にはいくつかの特徴があります。これを見ていくつか当てはまるものがあれば、あなたは打たれ弱い性格といえるでしょう。

打たれ弱いと起こるデメリット

打たれ弱いと、仕事や人間関係において、様々なデメリットがあります。ここでは、打たれ弱い性格の人に起こりやすいデメリットを紹介していきます。

モチベーションが常に低くなってしまう
打たれ弱い人は、失敗をいつまでも引きずりがちです。失敗を恐れて本来のパフォーマンスを発揮することができなくなってしまうのです。そして、逆に新たなミスを起こし、更に落ち込んでしまうという悪循環に陥ってしまいます。

そのため、モチベーションが上がらず仕事の質や態度も悪くなって自分の評価を落としてしまう可能性があります。

チャンスを逃してしまう

もし、目の前に自分の人生を大きく変えるチャンスがあったとしても、ミスを恐れて無難な道を選んでしまうことがあります。その結果、チャンスを逃すことが多くなってきます。また、ミスしたときのトラウマが残っていて新しいことにチャレンジできないこともあります。

周りから浮いてしまう

打たれ弱い人は、少し注意をするとへこんでしまい、ネガティブな気持ちを引きずりがちです。周りから「あの人は打たれ弱いんだ」と思われ、気を使わせてしまいます。話しかけにくくなってしまい周りから浮いてしまう可能性があります。

打たれ弱い性格には、これだけデメリットがあるのです。でも、「打たれ弱いからダメなんだ」と落ち込んではいけません。打たれ弱さを克服する方法を紹介します。

打たれ弱さを克服する方法

打たれ弱さはちょっとした努力で改善することができます。ではどうやったら、打たれ弱さを克服することができるのでしょうか。

成功体験を増やす

成功体験の少ない人は、打たれ弱い傾向にあります。成功体験に乏しく、自分に自信がもてないので、小さな失敗でも「やっぱり私はダメなんだ」と落ち込んでしまいます。

したがって、打たれ弱さを克服するためには、成功体験を増やすことが大切。どんな些細なことでもいいです。毎日小さな目標を立てて、その目標を達成しましょう。「5分勉強をする」や「いつもより会社に早く着く」など、確実に達成できそうな目標から始めてみましょう。そうすれば成功体験も増え、自己肯定感が強まり、恐れがなくなるはずです。

周りのことを気にしない

打たれ弱い人は、周りの目を気にしてしまう傾向があります。「失敗したら周りからどんな目で見られるのだろう」などとネガティブに考えてしまいます。大切なのは、周りの目を気にしないことです。

周りの視線や評価を気にしなくなると、余計なストレスが無くなり失敗と向き合うことができます。「自分は自分」と信念を強く持ちましょう。

・ポジティブに物事を考える

打たれ弱い人は、どうしてもネガティブに物事を考えてしまいます。だから、うまくいかなくてもポジティブに物事を考えるようにしましょう。失敗をしても後ろ向きに考えず、「成功の第一歩」と前向きに考えることが大切です。心を強くすることができれば、傷つきやすく落ち込みやすいメンタルも改善されます。

打たれ弱さを克服し、楽しい毎日を過ごそう

ここまで打たれ弱い人の特徴と、その改善方法について説明してきました。打たれ弱さを克服すれば、今までよりも世界が明るく見えるはず。強い心を身に付け、人生をとことん楽しみましょう!