【実践ワーク】自分に自信をつけるたった5つの方法・トレーニング

幸せで楽しい人生を送るためには、自分に自信をつけることが大事です。自信は大きな成功によってつけられると思われがちですが、実は簡単なトレーニングによって誰でも高めることができます。

今回は、誰でも簡単に自信をつけられる方法・ワークを紹介します。毎日実践することでより効果を発揮するので、ぜひ継続してください!

自信をつけると人生が変わる

自信は、人生にハリをもたせる大きな要素です。自分に自信をもてなければ、あらゆる挑戦や人間関係に対して臆病になってしまい、どんどん幸せを遠ざけることになってしまいます。不幸の悪循環にハマっていってしまうのです。

一方自分に自信のある人は、難しい課題や試練に次々と挑戦し、成長していくことができるので、人生を好転させやすくなります。人生の幸福度を上げるためには、自信をつけることこそ非常に有効な方法です。

しかしながら「自分に自信がない」と悩む人は少なくありません。私たちの多くが、自信を失ってしまう原因はどこにあるのでしょうか?

自分に自信をもてない原因

自信は、自分自身のマインドや過去の経験によって高められたり、逆に損なわれたりします。「自信がない」と悩んでいる方は、一度その原因がどこにあるのか、考えてみましょう。

完璧主義

完璧主義の人間は、自分に自信をもてない傾向があります。完璧を目指すがゆえに、少しのミスや滞りが気になって仕方ありません。

「プロジェクトが失敗したのは、私の能力が足りないからだ」「同僚が落ち込んでいるのは、私のサポートが足りないからだ」と自分の至らない部分ばかりに着目するようになってしまい、自信がもてなくなるのです。

過去のトラウマ

過去に大きなトラウマを抱えている場合も、自信を失ってしまうことがあります。「新しいことに挑戦して、ミスを批判された」「良かれと思ったことがトラブルに発展してしまった」、こういった経験がトラウマとなり、新しい行動や挑戦に消極的になってしまいます。

コンプレックス

能力や身体的特徴など、自分にコンプレックスを抱えていると、自信をもてなくなってしまいます。たとえ他人が全く気にしていなくとも、自分の短所や欠点は必要以上に気になってしまい、自信や自己肯定感を傷つけてしまうものです。

簡単に自信をつける方法・ワーク

トラウマやコンプレックス、自信はあらゆるきっかけで失われてしまいます。しかし、逆に自分で自信をつけることも十分可能です。

ここからは、日常で簡単に実践できる「自信をつける方法・ワーク」について解説していきます。どれも隙間時間でできることなので、ぜひ毎日継続してみてください!

①成功している姿を強くイメージする

自信をつける上で、思い込みの力は大変有効です。まずは理想の自分像を強くイメージしてみてください。「難しいプロジェクトを成功させて賞賛されている姿」「アーティストとして成功してテレビ出演している姿」。

妥協のない「理想の自分像」を強く想像します。声に出したり、メモに書き出してみると更に効果的です。自分が成功するイメージを強く脳内に刻むことで、現実もだんだんイメージ通りのマインドや言動をするように引き寄せられていきます。

②今日1日できた事・褒められたことを書き出す

自信をもてないのは、自分の短所や欠点ばかり気にしてしまうからです。したがって、自信をつけるためには、できない事よりもできる事に注目し、強く脳内にインプットする必要があります。

  • 定時に帰れた
  • 事前にミスに気付き、トラブルを防げた
  • いつもより1時間早く起きて、時間を有効活用できた
  • 上司からプレゼン内容を褒められた

小さなことで良いです。毎日夜には今日1日の出来事を思い出し、できた事・人から褒められた事をメモに書き出しましょう。その蓄積が自分の自信として積み上げられいきます。

しかし大人にもなると、人から褒められることは少なくなるもの。そこでおすすめしたいのが、下で紹介する「ポジティブな言い換え」です。

③ポジティブな言い換えを実践する

「ポジティブな言い換え」は自信をつけるトレーニングとして大変おすすめです。常日ごろ感じているネガティブな感情や発言を、ポジティブな言葉に変換するワークで、ポジティブ精神を養うことに直結します。

たとえば

  • 「優柔不断」→「慎重でリスクを計算できる」
  • 「時代遅れ」→「自分をもっている」「時代に流されない」

などと言い換えることができます。

「ポジティブな言い換え」を繰り返し実践すれば、ネガティブな事柄からポジティブな要素を抽出するクセがつき、自己肯定感を高めることに繋がります。

こちらの記事では、ポジティブな言い換えを身に付けるためのワークやトレーニングについて解説しています。ぜひ実践してみてください!

【実践ワーク】ビジネスに効く「ポジティブに言い換える」3ステップ

 

④毎日新しいことにチャレンジしてみる

些細なことで良いので、毎日新しいことに挑戦してみましょう。新しいことに挑戦するには、勇気と労力が必要です。一方で、できることが増えた喜びと、昨日よりも成長できた満足感を得ることができます。

これこそ自信をつける上で重要なことです。

  • 新しく語学をはじめた
  • 朝に30分散歩する習慣をつけた
  • 社会人サークルにはいった

などなど、新しく挑戦したことをこまめにメモに残しておきましょう。この積み重ねが自分の経験値となり、行動を起こした自分を褒めてあげられるようになります

⑤小さな成功体験を積み上げる

自信はマインドトレーニングで身に付けることも可能ですが、実際に成果を残すことも効果的です。自分の力で何かを成し遂げた経験は、自己肯定感を飛躍的に高めてくれるからです。とはいっても、難しいことを成し遂げる必要はありません。

  • 夕食後はすぐに皿を洗う
  • いつもより30分前に起きて読書をする
  • 起床後と就寝前に水を飲む

誰でも達成できそうな目標で構いません。明日の目標をノートに書き、一つ一つ達成しチェックを入れていきましょう。小さな成功体験を積み重ねることで「私、できるヤツじゃん」という自己肯定感が高まっていき、自信に繋がります。

自信をつけるには習慣とマインドが大事

自信をつけるには、大きな功績よりも、小さな成功やチャレンジ、マインドトレーニングを繰り返していくことが重要です。

  • 成功している姿をイメージする
  • 1日でできた事・褒められた事を書き出す
  • ポジティブな言い換えを実践する
  • 毎日新しいことにチャレンジする
  • 小さな成功体験を積み上げる

今回ご紹介したワーク・トレーニングをノートに書き出し、毎日実践しましょう。大きな成功や肩書などなくとも、少しずつ自信と幸せを引き寄せられるはずです!