【ビジネスマン必見】限界を超える方法と 必要な考え方

仕事や趣味でも、「もっと出世したい」、「もっとうまくなりたい」と思うのは自然なことです。しかし、成長するためにはどんなことからやったらいいか分からない人が多いのではないでしょうか。成長するためには、今の自分の限界を超える必要があります。

今回は限界を超える方法から、あなたのビジネスのヒントを得て頂きたいと思っています。この記事で紹介する「限界の超え方」を実践すれば、ビジネスマンとして大きく成長できるでしょう。

限界とは何か

限界とは、これ以上もしくはこれより外に出られないぎりぎりの範囲と定義づけられています。自分の実力を出し切った時や、体力や気力を使い切った時なんかに、「もう限界だ」と言いますよね。

人は、今の限界を超えることで、成長することができます。スポーツや習い事をした経験のある人、学校で必死に勉強した人などは、自分を限界まで追い込み、大きな成長を遂げた経験をもっているのではないでしょうか。

限界を超えた先に成長があり、成長の先に成功があります。限界を超えることは、成功に近づくことに他なりません。

限界を超えるメリット

限界を超えるためには、自分を極限まで追い込む必要があります。決して楽なことではありません。しかしその分、限界を超えた先には大きなメリットもあるのです。ここでは、限界を超えることのメリットを紹介していきます。

心も体も成長する

限界を超えると、心と体が格段に成長します。今までできないと思っていたことにも「これができたんだからやってみよう」と前向きどんどん挑戦するようになります。今の自分にとって難しいことにもポジティブに挑戦するので、自分を追い込みますます成長することができるようになるわけです。

一度限界を超えた経験が自信となって、挑戦と成長の無限ループに入ることができます。

1つのことを突き詰めることができる

スポーツでも仕事でも、限界を超えるためにはそのことに集中しなければなりません。あれもこれもと手をつければ、結局どれも中途半端に終わってしまいますよね。1つのことを極めぬく集中力は、限界を超えるために不可欠なもの。

特定の分野に全力を注ぎ結果を残した集中力と自負は、今後のビジネスや人間関係にも大きく役に立つはずです。

自己肯定感が高まる

自己肯定感が高まることこそ、限界を超える最大のメリットと言えるかもしれません。努力を積み重ね、自分の限界を超えた経験は、「私ってデキるヤツかも」という自己肯定感を生みます。その自信が新しいことへの挑戦心を生み、どんどん成長することができるようになるわけです。

好きなことや新しいことに挑戦すると、必ずと言ってよいほど、「それは難しいんじゃないかな」と引き留めてくる人物が現れます。しかし限界を超え、自己肯定感が高まっていれば周囲の雑音を気にすることなく、己の信じた道を突き進むことができるのです。

限界の超え方

自分の限界を超えると大きなメリットがあること、お分かりいただけたのではないでしょうか。目まぐるしく変化するビジネスの世界で活躍するためには、常に自分の限界を超えることを意識しなければなりません。

ここからは、限界を超える方法について解説します!

自分の考え方を変える

限界を超え続ける成長ループに入るためには、自分の考え方を変える必要があります。多くの人が「もう限界だ……」と感じるラインは、実はその人の思い込みに過ぎません。過去の体験や自己肯定感の低さから、「私の限界はここ!」と決めつけてしまっているのです。その決めつけこそ、自分の成長を止め、可能性を潰すブレーキになってしまいます。

その精神的なブレーキを外すことから始めてみましょう。どんなアスリートやアーティスト、起業家だって最初から活躍していた訳ではありません。今有名なサッカー選手だって、最初はドリブルもまともにできず、監督に怒鳴られた経験をもっているものです。そんな彼らが今世界を相手に活躍できているのは、自分で限界を決めず行動し続けたから。

どんな苦境でも「自分ならやれる」と考えることでリミットを外し続けているのです。「限界は毎日更新するもの」と考え方を変えれば、グングン成長し、限界を超え続けることができるようになります。

自分が本当に好きかどうか

限界を超えるためには、時間を忘れるほどに熱中し、努力する必要があります。そのために、自分が本当にベストを尽くせる環境なのか、本当に好きなジャンルで限界に挑戦しているのかを確認しなければなりません。

たとえば毎日終電まで嫌々残業しているサラリーマン。ストレスが溜まり体力も気力も使い果たしている限界の状態ではありますが、これでは成長や成功に向かっているとはとても言えません。そこに向上心やモチベーションがなければ、ただ人生を浪費している状態です。

もちろん、嫌いな仕事でも全力を尽くさねばなりません。しかし、自分の限界を超えるパフォーマンスを引き出すためには、自分が挑戦していることに対して愛着をもつことが重要です。どれだけ苦しくても好きなことなら頑張れますし、負ければ悔しい気持ちをもつはずです。その気持ちがまた、成長の糧になるわけです。

限界を超えるためには、「とにかく頑張る」という精神論だけでなく、「本当にこの仕事を愛せるのか」、「この環境で頑張れるのか」、活躍のフィールドを選ばねばなりません。

ゴールを設定する

明確にゴールを設定することも大事です。限界を超えるためには、自分が「ここが限界だ」と思うその更に先に目標を設定しなければなりません。

たとえば腹筋50回が今の限界なら、今日は60回、明日は65回などと明確に日々の目標を設定し、達成していくことで自分の限界が更新されていきます。もちろん限界を超えるのですから簡単なことではありません。何度も弱音を吐きたくなるでしょう。

そこで大事になるのが、上述の「挑戦することに愛着をもつ」ということです。好きなこと、楽しいことであれば苦しくても厳しい目標を達成するために挑戦し続けられます。

限界を超えて、新しい自分と出会おう

ここまで、限界を超えるために必要なことを紹介してきました。限界を超えれば心身ともに成長し、これまでと違った世界が見えるはず。変化を恐れず、毎日自分の限界に挑戦し続ければ、ビジネスマンとしても大きく成長できるでしょう。